お気に入りのお料理道具を長く使い続けるためのひと手間をご紹介

>

鍋、フライパンは材質によって洗い方が変わります

さまざまな材質の鍋の手入れ

一般的なステンレスやホーローの鍋を焦げつかせてしまったときに有効なのは、重曹です。
お鍋の焦げつきが浸かるくらいの水を入れ、そこに重曹(水コップ1杯に大さじ1杯くらいが目安)です。これを10分くらい沸騰させます。ここまでで剥がれて落ちてしまう場合もありますが、時間があれば何時間か放置。スポンジで軽くなぜるだけでスルッと剥がれます。それでも落ちない場合は何度か同じことを繰り返してみましょう。
また、鍋の外側が焦げているときは、鍋ごと重曹で煮てみましょう。
同じようにスルッと焦げを落とすことができます。
重曹を使うと傷んでしまうのは、アルミ鍋です。
軽くてお手頃ですが、アルミにアルカリ性の重曹を使うと化学反応で黒ずんでしまいます。ですので、アルミ鍋の焦げつきにはお酢。同じように水にお酢(水1リットルに対し大さじ3、4杯)を入れてお湯を沸かします。匂いは相当ひどいですが、これまたスルッと落ちます。

フライパンは洗いすぎに注意

フッ素加工のフライパンは焦げ付かずに便利ですが、ガシガシ洗ってしまうと肝心のフッ素が剥げ落ちてしまいます。まだ、熱を持っている時の方が、汚れも落ちやすいので、できるだけ早く流しに持っていくようにしましょう。
やわらかいスポンジなどで洗ったあとは、もう一度、火に掛けて水分を飛ばせば完璧です。
また、火にかける際にも空焚きや高温にしすぎると加工が落ちてしまいますので、使用する際にも注意が必要です。
使い込むほどに味が出てくる鉄のフライパンは、ガシガシ洗っても大丈夫です。使った油を染み込ませることで、鉄のフライパンは育つと言われていますので、必要がない限り、洗剤は使わない方がよいようです。大事な油が流れ落ちてしまいます。こちらは、特に錆びやすいので、濡れたままは厳禁です。
同じく、再度火に掛けて乾かすのがよいでしょう。とにかく、しっかり乾かすことを忘れずに。


Share!
TOPへ戻る