見落としがちな調理器具のお手入れ方法とは?

お気に入りのお料理道具を長く使い続けるためのひと手間をご紹介

それぞれの調理器具によってお手入れの仕方もいろいろです

毎日使う調理器具。直接体に入る食べ物を扱うものですから、清潔に保ちたいですね。 まずは、包丁とまな板。包丁は錆や刃こぼれ、まな板は黒ずみやカビ、臭いが気になります。特に湿気の多いキッチンで、お気に入りの調理器具を清潔に長く使うためのお手入れの仕方を見ていきましょう。

鍋、フライパンは材質によって洗い方が変わります

鍋、フライパンは何でもガシガシ洗えばよいというものではありません。 焦げつかせてしまったときの、材質によって変わる洗い方を見ていきましょう。 間違った洗い方で、逆に使えなくなってしまったり、錆びつかせてしまったり、黒ずんでしまったりすることがありますので、要注意です。

強敵ガスコンロの汚れと意外なバイ菌の巣とは

ガスコンロは油汚れや吹きこぼれなど放っておくとガチガチベタベタに汚れが固まってしまいます。毎日、拭き取るだけでもしたいものです。ほんのちょっとのひと手間で、毎日続けられるお掃除方法をご紹介します。また、見逃しがちなのがキッチンスポンジ。不潔なスポンジで毎日洗っていては元も子もありません。

調理器具の材質によって洗い方もいろいろ

毎日の暮らしの中で欠かせないお料理。
料理は作るも食べるのも好きだけど、洗い物が面倒という方も多いはず。
でも、直接口に入れる食べ物を扱うわけですから、調理器具は清潔に保ちたいですね。
例えば、包丁は近頃はステンレスがほとんどで、錆びにくいのが特性です。でも、必ずよく拭いて乾かすことが大事です。ステンレスは決して錆びないわけではありません。食材を切ることで表面にできた膜が、包丁を錆びにくくしています。これらは、逆に切れ味は悪くします。刃先だけ気にして洗っていませんか?実は、一番汚れるのは持ち手や持ち手と刃先とのつなぎ目部分だったりします。
また、何を洗うにも、洗剤は少なめの方がすすぎも楽で経済的です。地球環境へのやさしさも心掛けたいものです。
まずは、大きな汚れを先に亀の子たわしなどで落としてしまうことが大切です。
そうすれば洗剤も少なくすみますね。ただ、ここでスチールたわしや研磨剤の入ったスポンジを使ってしまうと、折角のコート加工までそぎ落としてしまうことになるので要注意です。
そして、ただ洗って終わりではいけません。清潔に保つためにはある意味、洗うことよりも乾燥させることが大事です。乾いたふきんで水滴を拭きとり風通しのよいところにしまい、バイ菌の温床にならないように心がけましょう。
特に熱湯消毒したから大丈夫!という考え方は要注意。バイ菌の大好きな温度は35度程度と言われています。ほかほかのまま放置することはキケンなのです。冷水ですぐに冷まし、よく乾燥させます。
清潔な食生活のために、調理器具は清潔に保ちましょう。

TOPへ戻る